地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、豊中の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

豊中の地域情報サイト「まいぷれ」豊中市

庄内つくるオンガク祭2017

ワークショップ2 空間現代と豊中市南部地域の子どもたち

ギター・ベース・ドラムで演奏する!

「空間現代」はギター・ベース・ドラムというシンプルなロックバンドの形態をとりながら、マスロックとかポストロックとかいったジャンルに括りきれないバンドです。

 

バンドの音楽自体には、うたものボーカルのような歌詞やメロディは殆どありませんが、演劇や劇作家、ラッパーといった人たちと素晴らしいコラボレーションをしていて、言葉との相性はバツグンです。

 

 大阪音楽大学の教室で開催されたワークショップ2では、そんな「空間現代」の皆さんと、子どもたちでユニークな音楽を作っていきます。

空間現代

子どもたちが来る前から、真剣な打ち合わせ。

取材に伺ったのはリハーサルの前日となる8月25日。

この日までに言葉を分解していろいろなリズムやフレーズをつくる作業を続けてきました。

ホワイトボード

ホワイトボードに貼りだされた付箋に書かれた言葉とは?

付箋

今日のミーティングでは、いよいよ曲名を決めます。

 

これまでの経緯を知らないと、まったく「???」な沢山の候補の中から「タカ&ムシ」に決定したようです笑。

ミーティング

これだと思う曲名に挙手!

曲名が終わったら全員で「ドレミパイプ」の演奏です。

ドレミパイプ

難しそうに見えるけど、みんなリズムを覚えているのでしょうか?!

次はいよいよ楽器を使った演奏です!

演奏といってもゲームのような要素があり、プレッシャーがかかったり、頭も使うし、なかなか難しい!

カードを受け取った人が、かかれた言葉をリズムにして演奏している間、ほかのみんなは別のリズムを演奏しながら、リーダーの指示に注意していなければなりません。

楽器演奏
楽器演奏2

演奏しつつ、試行錯誤を繰り返します。

おやつの時間

一区切りしておやつタイム!

ごはんやぐぅべんとう

今日のおやつはミニおべんとう♪

おやつの後も曲作りと演奏は続きます。

 

何分の何拍子とか、難しく考え出すと頭が痛くなってしまいますが、いろんな長さのおもしろい言葉をリズムに置き換えることで、編集部員にも変拍子やポリリズムの曲が作れるような気がしてきました(作れないけど)。

リズム言葉

2文字、3文字、4文字のコトバをそれぞれが担当するリズムに。

空間現代

野口 順哉  Junya Noguchi(guitar / vocal)

古谷野 慶輔 Keisuke Koyano(bass)

山田 英晶  Hideaki Yamada(drums)

さあ、いよいよ8月27日は、2つのワークショップの成果を発表するコンサートです!皆さんぜひ見に来てくださいね!

 

庄内つくるオンガク祭 イベント情報

 

会場 大阪音楽大学第2キャンパス O号館

〒561-0855 大阪府豊中市野田町36

人気のキーワード