地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、豊中の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

豊中の地域情報サイト「まいぷれ」豊中市

膝痛は軟骨を増やしても、痩せても治りません【豊中の整体】

 回復整体 漣のニュース

膝痛は軟骨を増やしても、痩せても治りません【豊中の整体】

もし、あなたが膝の痛みで悩まれていたら、この記事は非常に重要です。

何故なら、あなたが膝をよくする為に行っている事が、見当違いの事をしている可能性があるからです。
見当違いなので、よくなる事はありません。無駄な時間とお金を使う事になり、その間に膝痛がさらに悪化してしまうからです。

ですので、あなたの膝をよくしたいのなら、5分だけ時間を作って読んでみて下さい。

あなたの膝が痛いのは、膝の軟骨がないからではありません。

今日も膝が痛いと言われる男性が来られました。この男性もう1年近く、膝痛に悩み、歩くのもままならない状態でした。

実際歩いてもらうと、膝が曲がり怪我をされているかのようにゆっくりしか歩く事が出来ない様子。階段を下りる時は、手すりにつかまり、激痛に耐えながら降りるそうです。

病院では「軟骨がないから」と説明されたらしく、男性も「健康な人の膝と比較してみせてもらったのですが、僕のは軟骨が全くありませんでした」と言われてました。

膝にヒアルロン酸注射を打っても、痛みは変わらず病院では体重を減らしましょうと言われてたそうです。

そんな男性ですが、当院を出られる時は、普通に痛みなく歩いて帰られていました。当院が独自に開発した吸収力抜群のヒアルロン酸で膝の軟骨を増やした訳ではありません(そもそも、そんなものはありません)

このような男性の話を聞き、施術する度に「膝の痛みは軟骨がない事ではない事」がもっと世の中に広まれば、膝痛で悩む人は少なくなるのになと心から思います。

また「年齢」「体重」「筋力不足」も大きな原因ではありません。

膝痛で体重を減らすのは間違い?

膝の負担を減らすのに、体重を落とすのは正しい対策の一つではあります。

実際、こちらの男性も4キロ体重を減らした事で、ピーク時よりは痛みが減ったと話されていました。

なので、もっと痩せれば、まだマシになると思うと言われていました。

でも、ダイエットをされた事のある人は分かると思いますが2〜3キロ痩せるのは、食事の量などを気をつければある程度すぐに痩せれます。でも、、それより先となると時間もかかります。

それまで、毎日痛みと付き合う必要があります。

でも、そもそも本当に体重が一番の原因なのでしょうか?あなたの周りにあなたより体重が重い人は、全員が膝が痛いのでしょうか?多分、違うはずです。

中には、あなたより体重が軽いにも関わらず、あなた以上に膝の痛みで悩まれている人もいるかも知れません。

そして、何より右膝が痛いという人は、何故左膝は痛くならないのでしょうか?

膝痛で筋肉をつけるのは間違い?

痩せる以上に、お勧めできないのは筋肉をつけるという方法です。

「動かないと、もっと悪くなるから、歩きなさい」と言われている人も多いかと思いますが、この言葉は危険です。

これは改善の為というより、うまく行って悪化のスピードを抑えるにすぎませんし、もし痛みを我慢しながら歩いたり、運動をされているなら最悪です。

痛みというのは体からの「動かさないで」というお知らせです。それを無視して動かし続けると悪化します。

そもそも筋肉がないのが原因なら、あなたの右膝(もしくは左膝)の方が痛みが強く感じるのは何故でしょうか?

膝痛をよくする為に、本当にするべき事

膝痛の本当の原因は「体の歪み」です。体が歪む事で、本来、自分の体重を左右の膝でバランスよく支えているのが、片側の膝に負担がかかるからです。

事実、当院では「体の歪み」を改善させる事で多くの膝痛を改善しています。軟骨がないと言われた人、変形性膝関節症と言われた人に「痩せなさい」「筋肉をつけなさい」と言いません。まして、「年だから仕方ない」なんて事も言いません。

男性は身内の医療関係の人に「もう少し痩せて、痛みをごまかして、あと数年定年まで働いて、時間に余裕が出来たら手術すればいい」と言われているそうです。

これはこれで一つの選択肢です。ただベストの選択肢ではないと思います。痛みをごまかしている内に、ごまかしきれない痛みに代わる事もあります。手術をしても痛みが無くならないという人もいます。体にメスをいれるという事は、大きなリスクです。

「私の膝痛は本当によくなるの?」と思われる方はこちらまで
カイロ・整体[整体 ・マッサージ]

回復整体 漣

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。

人気のキーワード