地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、豊中の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

豊中の地域情報サイト「まいぷれ」豊中市

とよなか体験隊

日本の心~和食を訪ねて~ 料理の心得の巻

豊中の「日本料理 四幸」で料理教室に入門

2015/08/20

粋な和食どころに新弟子2人!

8月17日月曜日、10時。
豊中駅にほど近い趣のある「日本料理の店 四幸」。藍染の暖簾をくぐっただけで、気持ちが引き締まります。颯爽と現れた大将がにこやかだったので、ほっとしました。

すぐに実践に取り掛かると思いきや、黒塗りのお洒落なカウンターに座り、説明を受けました。
今回は、日常、家庭で直ぐに使えそうな技。知っておくと便利な料理の知恵。
こんな講義を受けながら、最後は格調高い美味しい和食をみんなで食べられる!!
素晴しい時間です。
なんだか、試験勉強をしているみたいに真剣です。
なんだか、試験勉強をしているみたいに真剣です。
頂いた紙には【基本の出しの割合】が明記されていました。やはり和食の基本はお出しです。
かつおと昆布が醸し出す香りと味の深み。料理を口に含んでお出しの味を感じる…日本人で良かったと思う瞬間です。
用意された「御献立」表を見てびっくり!

ご、豪華です☆
ローストビーフ
鯛頭荒炊き
出し巻き玉子
茄子オランダ煮




やはり、料理は手順ですよね。
全ての献立が同時に食べ頃で饗されるように、逆算して進行していきます。

味付けのお塩は甘塩です。ミネラルたっぷり♪<br>
味付けのお塩は甘塩です。ミネラルたっぷり♪
イチボのお肉に塩と黒胡椒で下味をつけます。家ではなかなか、このような塊を扱いません。みんなの目がYさんの手元に釘付けです。
「叩いたほうがいいんでないの?」
何も知らない部員がいいます。
これは、そもそもステーキではなくローストビーフです。
「まぶすだけでいいんですよ」
大将の天の声が優しく響きます。

鯛の荒の下拵えはすべてやって頂きました(ホッ)
鯛の荒の下拵えはすべてやって頂きました(ホッ)
よく味が染み込むように、なおかつ、目でも楽しめるように茄子に包丁を入れます。
よく味が染み込むように、なおかつ、目でも楽しめるように茄子に包丁を入れます。
次々と殻を割っていきます。私たちも殻をやぶって、家族のための立派な料理人になれますように…
次々と殻を割っていきます。私たちも殻をやぶって、家族のための立派な料理人になれますように…
綺麗に漉した溶き玉子に醤油を足していきます。
綺麗に漉した溶き玉子に醤油を足していきます。