地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、豊中の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

豊中の地域情報サイト「まいぷれ」豊中市

とよなか体験隊

筝で「さくら・さくら」を弾いてみよう!~日々の生活に和の心を~

豊中の地域に根ざした音楽教室&楽器店、清家楽器さんに行ってきました!

2015/06/05

先生が美しすぎる。緊張するわぁぁぁ。
先生が美しすぎる。緊張するわぁぁぁ。
講師:橋本桂子先生
橋本先生は大阪音楽大学の邦楽専攻卒。
お若いですが5歳の頃よりお筝をされているエキスパート。
美しい先生が初心者でもやさしく丁寧に教えてくださいました。

とよなか探店隊員の情報:(40代♀)音楽は大好きだけど聴くのみで楽器は一切何もできませんし、音譜も殆どよめません。そんな私がお筝なんて高尚な楽器を弾いてよいものかと思いましたが、優雅で美しい音色のお筝にずっと憧れていたので今回願ったり叶ったりの絶好の有難い機会と思い参加させて頂きました。

先ずはお筝の説明から。
お筝の主な流派は生田流か山田流。今回教わるのは生田流。爪の形が違うので演奏時に構える姿勢が違います。生田流は角爪を使用し斜め45度に構えます。ちなみに山田流は丸爪で正面に構えます。
まいぷれ編集長に借りた生田流の爪
まいぷれ編集長に借りた生田流の爪
サイズもぴったり!
サイズもぴったり!
この日、同じく探店隊を受けられていた男性はギター暦が長く、お筝は習って既に一年経っているそうです。弦楽器はお手の物ですね。
お筝はちょっと久しぶりとのことですが、私とはレベルが違うので、それぞれ、経験者用、初心者用のカリキュラムをご用意してくださいました。
本日最終目標は二人でそれぞれのパートを奏で発表します♪
「どんくさいから確実に足引っ張るで・・・」。と思うと重圧が。変な汗をいっぱいかきました。
自他ともに認める何事にもどんくさい私はやはりちょっと苦戦します。爪でピンピンと一弦ずつはじく弾き方はいけないのですが、変な癖がついてしまい、指が思うように動かんのです。のみこみが悪い私ですが先生は何度も優しく丁寧に教えてくださいます。(先生、ありがとうございました(T_T))。
練習タイム
楽譜が読めなくても頂いた用紙には弾く番号が順に書いてあるので私でも大丈夫でした。
練習タイムも終わり、いよいよ発表です!
まずは先生を含めて3人で。

おぉ。いいですねぇ。
おぉ。いいですねぇ。
次は先生の演奏は無しの生徒のみで。
わぁ。ドキドキする。もうやるしかないで。

私が「さ~くら~、さ~くら~」のパートを弾くとその後に男性があいの手みたな「ちんとんてんとん」ってところを。
うまいことコラボりました。苦戦しながらも演奏終了。すっごい楽しかった!
最後にスペシャルギフトが!先生の演奏です!
すてきぃ~!めちゃくちゃかっこいい!お筝ひとつで沢山の音がでるんだぁ~って感心しました。
まさにCOOL JAPAN. 引き継がれていかなければならない文化だ!
日本って素晴らしいと再確認できました。
と言うことで、わきあいあいとした楽しい体験レッスン(1時間)は終了しました。
みなさん!こちらのお筝体験は参加費無料です。お筝を弾く機会ってそうそうないと思うので興味をもたれた方は是非この「とよなか探店隊」にご参加くださいね!
私の周りの楽器を演奏できる人って全員頭が良いです。実際脳にいいそうです。
今回体験して思ったのは何かを始めるのに年齢は関係ないですね。老若男女は問いません。お子様に何か楽器を習わせるのも良いと思いました。

今回はとても貴重で素敵な体験をさせて頂きました。皆さん本当にありがとうございました。
清家楽器さんのまいぷれページはこちら