地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、豊中の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

豊中の地域情報サイト「まいぷれ」豊中市

とよなか道中膝栗毛

豊中市制施行80周年記念式典 第二部

♪矢井田 瞳さんと豊中の子どもたち編♪

2016/10/17

第一部が終わるとホールの外には、一部で紹介のあったToyonaka Sky-Sweets プロジェクトの試食コーナーや、80周年記念切手の販売コーナー、豊中ライオンズクラブさんによる手作り缶バッジのコーナーなどがありました!
マチカネくんが仕込まれたケーキも飛行機や花の形のクッキーも美味しかったです♪<br>このお菓子は今後イベント等で販売もされるということです。
マチカネくんが仕込まれたケーキも飛行機や花の形のクッキーも美味しかったです♪
このお菓子は今後イベント等で販売もされるということです。
姉妹都市であるカリフォルニア州サンマテオのRick Bonilla議員夫妻もSky-Sweetsをご試食♪

80周年記念切手は「マチカネワニの骨格」や「まちなかクラシック」の様子、「第一回全国中学校優勝野球大会」、「旧新田小学校校舎」、「服部緑地円形花壇」、「まちびらき当時の千里ニュータウン」、「開設当時の庄内駅」、大阪音大の「カレッジオペラハウス」、「大阪国際空港」の夜景、「救命力世界一宣言」の様子など、豊中を代表するシーンを集めたお宝切手シートです。


市制施行80年記念切手!郵便局でも販売していたそうですが完売かも?!
市制施行80年記念切手!郵便局でも販売していたそうですが完売かも?!
自分の写真やキャラクターの缶バッチ作りはお子様連れに人気♪
自分の写真やキャラクターの缶バッチ作りはお子様連れに人気♪
そしていよいよ第二部の始まりです!

第二部は大阪音楽大学吹奏楽団の演奏で幕を開けました。 

第二部の司会はFM802看板DJの中島ヒロトさん!
第二部の司会はFM802看板DJの中島ヒロトさん!
そして一部にも登場した2人と、マチカネくんと、「マチカネキング」?!が登場する記念動画~豊中の<過去-現在-未来>をこどもたちと旅する~が上映されました。

続いては豊中に住む小学校4年~6年の子どもたちによる「10年後のわたし・ぼくと豊中の町」作文が子どもたちによって朗読されます。

昨年九月の公募に対し市内37の小学校からなんと807作品もの応募があったそうです!

ステージで朗読された作文以外もホール外の展示スペースにすべてが展示されていました。

”10年後まちがこうあってほしい”

応募された作文に込められた小学生の皆さんの10年後のまちへのもっとも多かった願いは、

「平和なまち・安心安全に暮らせるまち」

平和ボケ世代の編集部員なんて、小学生のころこの質問を投げかけられたら

「遊ぶところがいっぱいあって学校が早く終わるまち!」とか答えるのが関の山だったでしょう…

今の子どもたちは世界に目を向けながらいろんなことを考えている…

豊中の子どもたち、リスペクト!
代表の子どもたちが作文を読み上げます。豊中少年少女合唱団の皆さんと。
代表の子どもたちが作文を読み上げます。豊中少年少女合唱団の皆さんと。
そして、梅花中学・高校チアリーディング部「RAIDERS」による見事なチアリーディングが披露されました。
凄い~!
凄い~!
続いて、いよいよ「矢井田 瞳 80周年 SPECIAL STAGE」の始まりです!


矢井田さんのヒット曲に合わせ、市内の小中高校生のダンスパフォーマンス!
矢井田さんのヒット曲に合わせ、市内の小中高校生のダンスパフォーマンス!
矢井田 瞳さん登場です!
矢井田 瞳さん登場です!
この日の演奏はギターとピアノのアコースティックスタイルでした。

ピアノ演奏は山本健太さん。

「マワルソラ」、「I'm here saying nothing」、「Over The Distance」、「よれたハートにアイロンを」、「地平線と君と僕」、「Ring my bell」といった名曲の数々をしっとりと、また力強く歌い上げ、「My Sweet Darlin'」は高校生ダンスチームとコラボ!




そして豊中少年少女合唱団の皆さん、大阪音楽大学の皆さんといっしょに歌います。
ラストは矢井田 瞳さん作詞/作曲による豊中市制施行80周年記念の歌「その先へ」を全参加者で披露して感動の第二部は幕を閉じました。
ホールの外では豊中市80年の歩みパネル展、「将来の豊中市」イラストコーナー、「10年後のわたし・ぼくと豊中の町」作文展も開催されていました。


以前の市民会館が2011年3月に閉館し、2014年に「おみおくり展」が開催されましたが、この日は豊中市文化芸術センター開設記念の「お出迎え展」も同日開催されていました。

市民会館と文化芸術センターのペーパークラフトや、市民会館の低礎石の中に入れられていた開設当時のお金や刊行物、新聞などとともに懐かしいこれも。
あたりが暗くなると、文化芸術センターの壁面に美しいプロジェクションマッピングが…

10年後、20年後、豊中市が子どもたちの願い通り、平和で安心して暮らせる安全なまちでありますように、と願いながらセンターをあとにしました。