地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、豊中の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

豊中の地域情報サイト「まいぷれ」豊中市

※このイベントは終了しました。

豊中市文化財新指定記念講演会「若冲と大坂画壇」

豊中市文化財新指定記念講演会「若冲と大坂画壇」
平成29年8月1日、伊藤若冲筆の「山水図」と「野晒図」、近世大坂画壇を代表する画家による作品、月岡雪鼎筆「鯉図」と中井藍江筆「白雉図」が新たに市指定文化財になりました。

伊藤若冲は、主に京都で活躍した江戸時代を代表する画家です。一方、月岡雪鼎は近世大坂画壇の重鎮、中井藍江は大坂懐徳堂の画家として活躍した画家です。

今回、絵画4点の新指定を記念して特別講演会を開催します。

【講師】奥平俊六さん
(大阪大学大学院文学研究科教授 豊中市文化財保護審議会委員)
カテゴリ講演、シンポジウム
開催日2017年10月15日(日)
午後1時30分から午後3時30分
開催場所豊中市立中央公民館 1階集会室
豊中市曽根東町3丁目7−3
・阪急宝塚線「曽根駅」下車、東へ300m、徒歩5分
料金参加無料
定員100人
申込み10月2日(月曜)から電話受付、先着順
お問い合わせ先教育委員会事務局 生涯学習課
TEL:06-6858-2581
こちらのイベントもおすすめ
近くのグルメ