地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、豊中の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

豊中の地域情報サイト「まいぷれ」豊中市

イベントレポートまとめ @豊中市

One Green 植育ボックス 設置記念式

常設第1号として「豊中こどもれもねいど」が選ばれました!

以前からまいぷれでも何度か取り上げている「豊中こどもれもねいど」。
その豊中こどもれもねいどの発起人、喫茶ピーコックの上芝さんは本当に多彩でアクティブ!

 

豊中市産れもんでレモネードを作ってみたり、(ほぼ)0円クッキーを製作したり、農園付き賃貸マンション「サンライズフレア」の管理人になられたり(!!)。
常に新しいことを発信し続けておられます。

 

今回はまた新しいプロジェクトが始動したようで、取材に伺ってきました!

一般社団法人テラプロジェクトの小林先生(大阪大学名誉教授)が進めている緑化活動One Green。
その一環として「植育ボックス」というのがります。

 

今回は植育ボックス常設第1号として、「豊中こどもれもねいど」が選ばれました!

 

設置場所は喫茶ピーコック店頭☆


「豊中こどもれもねいど」に因んでレモンの植え込みが設置されました!

 

設置記念式、まずは関係者各位からのご挨拶。

 

まずは、都市のみどり化活動「One Green」プロジェクトにて「植育ボックス」を実施しておられる、一般社団法人テラプロジェクト理事長 小林昭雄さん(大阪大学名誉教授)。

 

そして植育ボックス第1号に協賛された一般社団法人日本みどりの研究所代表理事、有限会社薔薇園植物場 代表取締役 金岡信康さん(緑の匠 又右衛門)。

 

最後に豊中こどもれもねいど、喫茶ピーコック 上芝英司さん(PEACOCK64)。

一般社団法人テラプロジェクト理事長

小林昭雄さん(大阪大学名誉教授)

一般社団法人日本みどりの研究所代表理事

金岡信康さん(緑の匠 又右衛門)

豊中こどもれもねいど

上芝英司さん(PEACOCK64)

さぁ、いよいよ植育ボックス記念すべき第1号が設置されます!

みどりのサンタさんが運んできました。

設置完了☆

みなさん集合して記念撮影!

無事に喫茶ピーコックさんの店頭にレモンの植育ボックスが設置されました♪

 

そのあとはオリジナルソングが披露され、「豊中こどもれもねいど」のホットレモネードを頂きました。

 

2018年1月5日(金)、気温5度。

冷えた体にあったかいレモネードが最高にうれしい♪

甘酸っぱいホットレモネード、美味しかったです☆

ごちそうさまでした(^^)/

喫茶ピーコックさんの黄色のお店とレモンの木。

 

お店の雰囲気にとても馴染んでいました☆

 

これからもお店のシンボルツリーとして愛されていくことでしょう♪

 

今後も植育ボックスの設置場所を増やしていく予定だそうです。

 

豊中の街、大阪の街に緑が増えていき、子どもたちがより緑・自然と触れ合える街になっていくことを願っております☆

この記事に関するキーワード